2019 第51 学習工学セミナー 日程と開催内容 
日      程 内  容
8月19日(月)
 受付 8:40~9:00
 開会行事~オリエンテーション
     9:00~9:40
受      付    
開  会  行  事
オリエンテーション
     学習工学研究会会長  長谷川元洋 
 ワークショップ     
   
9:40~12:30
   
 
ワークショップ1   【定員約40名】
 
「QFT(質問づくり)による「主体的・対話的で深い学び」を実現する道徳科における情報モラルの授業
  
    講師:金城学院大学 国際情報学部教授 長谷川 元洋

ワークショップ2 【定員約20名】
  
タブレット一人一台環境がもたらす新しい学び方を体験しよう!」
      講師:名古屋市立白水小学校 教諭 林  一真 
         名古屋市立白鳥小学校 教諭 大口泰貴

ワークショップ3  【定員約40名】
  「授業記録・映像を使った授業研究」
  
  講師: 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 教授 柴田 好章
         名古屋大学大学院教育発達科学研究科 准教授 坂本將暢
         名古屋市立西味鋺小学校 教諭 杉浦万利子

  12:30~13:30   
                 
昼 食 
                   (昼食は各自ご用意ください。教室を昼食場所としてご用意します。六番町駅付近(会場から約100m)に飲食店があります。)                            
  13:30~14:30
 

  講 演 「小学校プログラミング教育を支える学習環境」

  
   講 師  亀 井美穂子 先生 (椙山女学園大学 文化情報学部・メディア情報学科 准教授)
【亀井先生からのメッセージ】
 2020年からの小学校プログラミング教育実施に向け、各地では様々な実践や教材の開発が行われ、
取り組みが報告されています。導入を目前にしたこの時期、改めてプログラミング教育の社会的背
景やそのねらい、情報活用能力やICT活用との関係等を確認し、どのような視点で授業づくりや学習
環境づくりを進めればよいかを考えます。                        

  14:40~16:10
シンポジウム 主体的 ・対話的で深い学びとICTの活用Ⅱ」 

コーディネーター長谷川 元洋(金城学院大学国際情報学部教授)
パネリスト    :亀井美穂子先生(椙山女学園大学 准教授)
          柴田 好章 (名古屋大学大学院教授


   16:10~16:30 開  会  行  事 ・ 総 会
 

メニューへもどる